×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

禁欲期間【男の子の産み分け体験談】男の子の産み分け成功を目指す。リンカルや排卵日のこと。ブログ

男の子の産み分け体験談 > 男の子の産み分け方法 > 禁欲期間

男の子を産み分けるために、少なくとも5日間は禁欲をします

◎男性と女性の体のしくみから、男の子の産み分けには、男女共に禁欲するのがベスト

禁欲したときの男性と女性のからだのしくみを見てみましょう。

禁欲すると男の子の確率が上がる理由
Y精子の数が増える
男の子になるY精子は、もともと、女の子になるX精子の2倍近くいます。 射精後1週間で精子を貯蔵するタンクは満タンになるのですが、 満タン後は、命尽きた分の精子しか補充しなくなります。
 補充は、Y精子が優先されるので、
 禁欲すると、Y精子の割合が高くなります。
性交日にオルガスムスを感じるため 女性も禁欲することで、性交日にオルガスムスを感じやすくさせます。 もともと、排卵日当日は、膣内がアルカリ性に傾き、Y精子にとって有利な状態になるのですが、 女性がオルガスムスを感じると、子宮頸管から強いアルカリ性の粘液が多量に出るので、 さらに、Y精子に有利な状態になります。

補足)女の子の産み分け
女の子を産み分けたい場合は禁欲せず、生理が終わったら、2日おきぐらいに性交し、
Y精子の割合ができるだけ増えないように調整する。

男の子を産み分ける際の禁欲期間は?

◎少なくとも5日間は禁欲しましょう

産み分けで有名な産婦人科医師 杉山力先生によると、 2週間の禁欲期間がベストとのこと。少なくとも5日間は禁欲しましょう。

男の子の産み分け体験談(産み分けで男の子を妊娠しました)

◎4日間の禁欲、オルガスムスをたくさん感じました。

本当は、5日間の禁欲を目指していました。
生理周期13日目に排卵すると予測していたので、
生理周期8日目に一度性交したかったのですが、
二人の都合で、一日遅れの9日目に性交し、
13日目に受精のための性交をしました。

私たちの6周期分のセックスの様子
 ┗ 6周期目、性交回数2回

 
 
男の子を産み分けたい場合は、
少なくとも5日間禁欲すると、男の子を受精するY精子が有利になるので、
男の子が生まれる確率が上がります。
 
 

男の子の産み分け方法(産み分け方)

男の子の産み分け体験談 MENU